【部屋作り】収納で夫の協力を促そう!子供服・子供用品の収納は無印良品の引出し式PPケースが大活躍

こんにちは、たろママです。

無印良品週間が始まりましたね♡

(※画像は公式サイトよりお借りしました)

無印良品は、無印良品のメンバー限定で10%オフのお得な期間が年に数回あります。

この日を心待ちにしている方も多いのでは?

今回は3月15日〜4月3日までが10%オフの期間となります。

我が家は、いつも欲しいものをメモに書き留めておいてこの期間が始まったら購入するようにしています。

我が家の収納グッズはほとんど無印良品ですが、その中でも子供服の収納に使っている便利なポリプロピレンケース 引出し式という商品は大活躍中です。

さて、今回は部屋づくりの中の1つである子供服の収納方法についてまとめました。

我が家はこの方法で夫の協力を促すことに成功したので、協力を促したい方は一例として参考程度にご覧ください。

子供服の収納ってどうしている?

みなさんは、子供服はどのように収納していますか?

子供服専用の収納タンスを購入したりカラーボックスを使ったり、自作したり様々な方がいますよね。

年齢によっても服の量や収納方法は変わってくるかと思います。

例えば、保育園や幼稚園に通うと自分で準備が出来るように子供でも服が取り出せる位置に設置したりしまいやすいように折り畳んで入れる収納ではなくハンガーを使ったかける収納にしたり。

我が家は保育園にもまだ通っておらず1歳という年齢もあり自分で取り出したりというのはまだ少し先の話。

ということで今のベストな収納方法って何だろうと試行錯誤しながら収納方法を考えました。

子供服の収納で重要視したポイント

①設置場所

収納する物がどこにあれば使う時に楽なのかを考えます。

毎日のお世話が億劫にならない場所に子供服の収納エリアを設ける

我が家は家族全員が主にリビングにいる時間が長く、もちろん子供のお世話もリビングで全て行うので何かを取り出す時にいちいち他の部屋まで行くのは面倒。

小さい時期は食べこぼしやよだれで服がすぐに汚れてしまうのでその度に億劫にならない距離で子供服を取り出せるようリビングに子供服の収納箇所を設けることにしました。

子供に関する物はなるべく1箇所に集中

服だけではなくオムツやお尻拭き、ベビーフードや飲み物などを全て一箇所に集中させることによって夫にも何がどこにあるのか分かる状態にしました。

これは、夫に協力を得る上で有効な手段です。

あらかじめ定位置を作ることで服を増やしすぎないよう注意

子供服は気をぬくとどんどん増えてしまうので収納スペースに入る分だけを持つと決め、アウターならアウターを入れるところ、トップスならトップスを入れるところ等収納したい物を全てリストアップし、それぞれの物に対して定位置を最初に決めました。

この時期は本当にすぐにサイズアウトするのと、それぞれがどの位の数量を持っていたら事足りるのか良いのかを把握する上で目安となります。

②収納用品を選ぶ

設置場所とどんな風に使いたいか決めたら次は収納用品選びです。

設置箇所におさまるサイズか

我が家の設置したい場所はリビングです。

収納したい物が全て入るものであることは絶対ですが、大きすぎると圧迫感があるしサイズ選びは慎重になりました。

子供服の収納以外に違う用途として使えるもの

子供の成長は著しい。正直小さい頃からずっと使用しているものというのは限られています。

洋服のサイズも変わるし必要な物もこれから先変わるので色々な用途に使えるものが絶対条件です。

また、ずっと定番なこと。必要な物が増えた時に買い足しながら使うことができる物が理想でした。

見た目がシンプル

これはリビングに使うでリビングは来客もある場所の為、カラフルではなくシンプルな物を希望しました。

また、シンプルな物にすることで他の用途で使う時にも抵抗なく・違和感なく使えます。

これらを考えた結果、希望を満たしているものが無印良品の引出し式ポリプロピレンケースでした。

購入した引出し式ポリプロピレンケースのサイズは?

私が購入したのは下の2つ。

①ポリプロピレンケース・引出式・深型 (V)約幅26×奥37×高17.5cm

(※画像は公式サイトよりお借りしました)

②ポリプロピレンケース・引出式・浅型・2個(仕切付) (V)約幅26×奥行37×高さ12cm

(※画像は公式サイトよりお借りしました)

これは、シンプルでリビングにも合うし、子供服全ての定位置作りが可能で定番商品の為、状況により追加したい時は追加できる利点があります。

実際に引出し式ポリプロピレンケースを使った我が家の子供服・子供用品の収納

我が家はこんな感じで使っています。

今は中身が透けないホワイトグレーもあるようですが、私が購入したときは透明のタイプの物しかなかったので、目隠しのついでに夫でも中身が分かるように中になにが入っているかが分かる紙を入れています。

ちなみにホワイトグレーはこんな感じ。

(※画像は公式サイトよりお借りしました)

細かく何を入れたかというとこんな感じ。

ちなみに上に置いてある白い収納ケースはオムツとお尻拭きを入れています。

リビングに育児に必要な物を全て収納出来るスペースを一箇所にまとめたことで動線的にもスムーズにお世話をすることが出来るようになりました。

面倒なことがないので、夫も積極的に育児してくれて万々歳です♡

また、ここにあるものは今使うものだけにしているのでサイズアウトしたものはまた別に保管しています。

ここに今使うものだけを入れることで在庫数の把握が出来るので洋服を買いに行った時に「これ欲しいな〜」と言っても「沢山あるでしょ」等と夫に言われお買い物スイッチにストップをかけてくれることも多々あるので、我が家では良い効果を発揮しています icon-smile-o

まとめ
たかが収納、されど収納。毎日のお世話を楽にするのも夫の協力を促すのも収納を見直すだけで解決出来る場合もあります。

育児は女の人だけではなく男の人だって積極的にやる時代だからこそ少しの工夫でお互い気持ちよく過ごしたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です